今日はどこ行くの?

落ち着きのない旦那様と4歳児の娘を持つ妊婦のお出かけ日記です。

タグ:美味しい

子連れの香港旅行といったら、やっぱりディズニーランド!!
我が家もディズニーランドに行ってきました。
https://www.hongkongdisneyland.com/ja/

パークチケットはアベニューオブスターで購入しました。


日本の感覚で開園1時間前に行ったら、まさかのゲート一番乗り。
日本では考えられないですね。

開園時間前にミッキー& ミニーがオープンカーで現れみなさんにご挨拶。
挨拶が終わると二人仲良くオープンカーで去って行きますが!


 



 
グリーティングしてくれます。

香港ディズニーランドはグリーティング天国。




あちらこちらにキャラクターがいます。





 
インサイドヘッドは時間によってキャラクターが変わります。

アナとエルサの揃い踏み。
アナとエルサは香港でも人気があるらしく整理券を配っていました。






  期間限定のアナとエルサのフローズンファンタジー。
日本以上にファストパスを取るのは力ずくです。
流石世界の経済都市香港は弱肉強食でした。
ファストパスに整理券をゲットした旦那様は「俺は香港でも生きていける。」と言っていました。




  ライオンキングのショーもファストパス。
席は自由なのでこちらも弱肉強食でした。
フロートも大きくかなり見応えがあるものでした。






  お食事はプラザインで中華。
https://www.hongkongdisneyland.com/ja/dining/hong-kong-disneyland-park/plaza-inn/ 

20分くらい待ちテーブルへ案内されました。




  コース料理なのかな!?




  結構本格的な中華料理を堪能しました。




  鶏肉のバーベキューソース!?




  野菜炒めにもミッキーが登場。




  飲茶もあります。




  ミッキーの中華まんは日本にもありそうですね。




  飲茶のワゴンは見かけなかったのですが、伝票はあったので飲茶も楽しめるのかもしれませんね。

香港のディズニーランドはグリーティング天国。子連れでディズニーランドに行くには最高です。
敷地面積は日本より小さいみたいですが、日本にはないアトラクションもあり、何と言っても待ち時間は日本に比べたらないようなものなので1日でも十分楽しめます。


奥様に代わって旦那様がお送りいたします。



香港の一大名所ビクトリアハーバー。
スターフェリーは、中環と、尖沙咀を結んでいます。
我が家は中環を観光しスターフェリーで尖沙咀に向かいました。
混んでいるかな!?なんて思っていたのも取り越し苦労で、席さえ選ばなければ問題なく乗れそうでした。



タクシーや電車でも移動できますが、ビクトリアハーバーをフェリーで渡るってのが観光気分を高めます。




スターフェリーを降りるとすぐにアベニュー・オブ・スターズ。ブルースリーがお出迎えです。

注:アベニュー・オブ・スターズは2018年末まで閉鎖されてるようです。
香港政府観光局




40代の男の子にとっては堪らないものがあります。
30代の奥さんは全くわからないようですが...。



40代の男の子にとっては堪らないものがあります。
だってアンディーラウですよ!インファナルアフェアですよ!!


ジョンウーですよ!男たちの挽歌ですよ!!






ユンピョウですよ!




サモハンキンポーですよ!
デブゴンですよ!!



マイケルほいですよ!ミスターBOOですよ!!

もう小学生の時に香港映画で育った私には堪らない!!



気を取り直して今回の本題。
麥文記麺家である。

香港ナビ
http://www.hongkongnavi.com/food/430/



全く読めません…。



日本語メニュー発見!




さらに写真入り。






 



指さしでこちらを注文。
ワンタン麺ですね。すっきりとしたスープで麺がやたらと旨い!
ネットで検索すると手打ちらしいですね。
正直ワンタンは要らないくらいでした。




素をお願いしました。やっぱり日本人は素材の味で十分ですね。
流石香港。安くて美味しいものもあります。




DSC_4634_1

青菜の炒め!?茹で!?なんだが、今回の香港旅行でやたらと出てきて、歯触りと風味がかなり気に入ったもの。




 

近くのスーパーでの一枚。噂では聞いていましたが、出前一丁のバリエーションが豊富。


日本みたいで、日本とちょっと違うラインナップ。



 
吉野家さんはワールドワイドで頑張っております。




独自メニューですね。

世界でも有数な観光都市、香港は交通網がしっかりしていて、電車にバスにフェリーに色々な乗り物を使って観光ができます。

2016-02-15-21-38-59
我が家も観光を楽しんでいます。
日本より南にあるので8月の後半に香港を歩くのは蒸し暑くて大変でしたが、気候も湿度もそう日本と変わらないかな!?と言うのが我が家の感想です。

文武廊。
学問の神様らしいので、娘の学業祈願に参りました。




2015-08-29-10-42-29
ガイドブックにお馴染の場所ですね。
やっぱりお寺とか教会って異文化に触れた気がして、観光にはよいですね。





DSC_4540
文武廊の近くの泥棒市場。
キャットストリートというらしいです。
近くは骨董品がたくさん売っています。




DSC_4542
こちらは普通の露店。
みんな輸入品らしいです。




DSC_4543
お魚も輸入品なのかしら?
旦那様曰く、日本でも見る魚が多いそうです。




DSC_4594_1
そして香港旅行第二の目的飲茶に来ました。
旦那様曰く、由緒正しき飲茶らしいです。


蓮香楼
Lin Heung Lau

香港ナビ
http://www.hongkongnavi.com/food/15/


IMG_2557
ワゴン意外にも料理はたくさんあるそうです。




DSC_4554_1
地元の方でにぎわっています。
場所取りはイオンのフードコートと変わりませんね。




DSC_4565_1
お昼時だったためか、ワゴンがくると人が群がります。
バーゲンセール見たいですね。
飲茶を取って、伝票を渡すと判子を押してくれます。




DSC_4555_1 
席に確保したらお茶の種類を選びます。
言葉が分からなそうだと店員さんが適当なものを出してくれるので、そんなに心配いりません。
ローカルの人と相席ですが、香港は結構親日なのか、子連れのためかみんな優しくしてくれます。

お茶とお茶椀とお椀と伝票が一緒に出てきて、ワゴンを待ちます。




DSC_4556_1
旦那様曰く、お茶で箸やお椀を洗うのがお作法らしいです。
今はそうでもないらしいのですが、昔は衛生状態がよくなかったので、出てきた食器をお茶で洗い流して使ったそうです。
私は洗い流すことをお勧めします。





DSC_4570_1 
鶏の手。
スープは薄味で美味しいのですが、ちょっとねぇ。
旦那様は動物園の味がするとコメントしていました。

私もワゴン争奪戦に参加します。
タイミングが合わないとなかなか好きなものが取れません。






DSC_4573_1 
ちまきは笹からはがして醤油!?をつけて渡してくれます。




DSC_4578_1
いろいろ食べましたが、やっぱり安心するのは見たことがある料理ですね。





DSC_4586_1
きのこ?何かの内臓?
味付けも歯触りもいいのですが、何を食べてるか分からないので落ち着きません。





DSC_4560_1
蒸しパン?





DSC_4589_1
最後にたぶん人気メニューの中華カステラ。
娘さんも喜んで食べました。



2016-02-15-21-39-31
相席していただいた香港人のおじいちゃんにお茶を注いでもらって、熱いお茶をたくさん飲みました。
広東語を勉強していけばもっと楽しい会食になったのになと反省する飲茶でした。


 

海外旅行に行ってもホテルで食事を摂らない我が家は、香港でも朝から外食です。

ここからは旦那様からの香港旅行の為の基礎知識。

香港は元々イギリスの植民地。世界史で勉強したアヘン戦争後設立された都市だそうです。その為イギリスと中国の文化が混ざった中国でも特殊な都市だそうです。
世界でも有数の経済都市で、観光都市なので、食事は高級レストランから、安い食堂もあって、世界各国の料理が食べられるそうです。






そして今日伺ったのが、香港の伝統的な喫茶店、美都餐室。
香港に来たら香港式ミルクティーと香港式フレンチトーストを食べなきゃって言う旦那様について来ました。
朝の香港はローカルばかりでなんだか少し怖い感じ。
たくさん屋台も出ていて食事には困らなそうですね。





black&whiteしか理解できません。
旦那様曰く、香港式のミルクティーはエバミルクを入れて作り、エバミルクのメーカーがこのblack&whiteなんですって。
下に書いてある広東語はランチかおすすめじゃないかとのこと。

【ネスレ】ミルクメイド 411g エバミルク 無糖練乳【RCP】

価格:388円
(2016/2/14 18:14時点)
感想(2件)





一階にもテーブルがあるのですが、たぶん二階に行けと言われたっぽいの二階に来ました。
結構広い店内です。




海外のメニューって材料と調理法が書いてあるのでメニュー選びに時間がかかりませんか?





壁に貼ってあるメニューは広東語で全然わからないので旦那様に一任です。





そしてこれが噂の香港式ミルクティー。



カップがかわいいですね。
かなり濃い紅茶に練乳を溶かしたような雰囲気がしますね。
ローカルはさらにお砂糖を入れて飲むようです。




そして香港式フレンチトースト。
油で揚げてあるそうです。
これはこれで美味しいけど、たくさんはいらないかな!?家族でシェアして食べるくらいが我が家にはちょうどよかったです。






日本のイメージの喫茶店とは違い、食事のメニューも充実しています。
意外に薄味で子供がパクパク食べてくれました。
もっとも家では海外旅行中娘にチャーハンを食べさせることが多いのです。
お米を食べさせるとちょっと安心しませんか!?






香港旅行中一度はローカルに混じって朝食はいかがでしょうか?





  お店の前はちょうど工事中。この竹で足場を組むのも名物みたいですよ。


美都餐室(mido cafe)
香港ナビ

奥さんに変わって旦那様がお送りいたします。
我が家はベトナム料理好き。
フランス領だった為か、他のアジア諸国より独特の癖が無く、偏食の奥さんがよく食べるので、ごくたま〜にですが、生春巻きを家で作ったりするほどです。

今日もお出かけの我が家はのお昼は外食です。
iPhoneと食べログでベトナム料理検索。
ベトナムの方が作っているベトナム料理屋さん、ベトナムクアンさんを発見し伺うことに。


川越街道からちょっと入った住宅街にあります。

バーレストランになったんだろうか?地下にあることもあり、ちょっと入りずらい雰囲気もありますが…。

何はさておきバーバーバービールを。
雰囲気はバーですが、子供連れでも臆すること無く入れる優しい接待を受けます。
子供にどうぞとベトナムの飴をいただきます。


ランチはフォーにブン。
スープは選べませんが、肉は牛か鳥から選べます。

そして私の愛するバインミー。
コムガーというのは初めて見ました。


セットのドリンクとビールで乾杯。
ココナッツジュースにマンゴージュース。
フレッシュではありませんでしたが、十分美味しいジュースでした。

こちらもセットの生春巻きと揚げ春巻き。
現地で食べたことがないのでよくわからないですが、きっと現地の味に近いんだろうなというお味。
揚げ春巻きは結構香辛料の香りがありますが、4歳児がパリパリ食べておりました。

フォー。
お肉は鶏肉にしていただきました。
フォーというと鶏ガラなイメージがあったんですが、こちらは牛骨!?スープ。
独特な香りがまた美味しい。

たまらずパクチーを追加します。

やっぱりベトナム料理はこれがあって完成です。

現地風だと思われる香りに味わいをさらに引き立てます。

バインミーに食べログクーポンで無料の生ビール。

美味しいんですが、レバーペーストは塗ってなかったですね。
アメリカ風のバインミーと現地風のバインミーあるのかな!?

子供がマンゴージュースをお替りしたんですが、生憎の売り切れ。
ごめんなさいとスイーツを出してくれました。
生姜風味の小豆煮って感じでしょうか?


子連れでもリラックスして美味しいベトナム料理がいただけました。
ありがとうございました。

ちなみにベトナムの女性はアジアで一番美しいスタイルともっぱらの評判でして、お父さんとしてはカウンター内の女性が目に入って…。
奥さんのブログでこれ以上は止めておきます。

↑このページのトップヘ