今日はどこ行くの?

落ち着きのない旦那様と4歳児の娘を持つ妊婦のお出かけ日記です。

タグ:格安

奥様に代わって旦那様がお送りします。

SIMフリー&格安SIMで通信料金を安くするには!



まずはお勉強。

MVNOとは、DOCOMOやAUの通信回線仕入れてきて、会社独自のサービスを加え格安SIMを小売りしている会社といったところ。
格安SIMは、電話番号や使用者が記録された、電話するために必要なICカードってところです。



格安SIMを利用するために必要なこと


日本の大手キャリアで販売されている携帯やスマホには"ロック"がかかっていて、他社のSIMを入れても使えません。基本的にはこのロックを外した端末。SIMフリーまたはSIMロックフリーの端末を用意することが必要になります。

っが!格安SIMは基本DOCOMOの回線を使っているので、DOCOMOのスマホを使っている人ならDOCOMO系の格安SIMは他社のSIMではないので差し替えるだけでそのまま使えるってことです。 
docomo系なら
さらにこんなキャンペーンがあり、初期手数料3,000円で半年タダで格安SIMが使える。
DTI SIM 半年間無料キャンペーン
データSIMなら、解約手数料はないので、格安SIMを試したい方にはおすすめである。

 
ずっと使うのであれば、現在こちらが最安値である。


au系でもしかりです。


こちらもキャンペーン中!



Softbankは厳密に言うと格安SIMはありません。Y!mobileがSoftbank系と言うかSoftbankなのだが、格安と言った値段ではないですね。



SIMロックフリーのスマホを手に入れるには

手っ取り早いのは現在持っているスマホのキャリアに行ってSIMロック解除をしてもらうことだ。
2015年5月以前に購入したスマホなら3,000円でSIMロック解除してくれる。2015年5月以降に購入したスマホなら6か月使えば無料でSIMロック解除してくれる。

もしくは中古でも新品でも、もともとSIMロックフリーのスマホを購入する。
ちなみに私はこちらを使っている。
 
Sony Xperia D6653 Z3 LTE SIMフリー【並行輸入品】

AUでは使えませんが、DOCOMO系であれば問題なく使え、海外旅行にも重宝しております。




SIMロックフリーのスマホでも使えない格安SIMがある。


SIMロックフリーのスマホを手に入れてもすべてのSIMが使える訳ではないので注意が必要だ。
簡単に言うと携帯電話の電波には規格と種類があって、docomoが出している携帯には、docomoの出している電波しか受信する機能がなかったりする。
通話に関して言えばdocomoとauは規格が違うので、SIMロックを解除したところでどうにもならない。

つまりSIMロックを解除しても使えないということだ!

ここまで読んで、「あっ、こりゃダメだ。」っと思った方もいるかと思うが、実はそうでも無くて、データ通信は電波の規格がたくさんあって、データ通信だけなら意外とどんなスマホでも問題なく使えたりするものである。
通話はガラケー、データ通信はスマホと2台持ちにすれば解決したりする。



ちなみにiphoneは世界に販売しているのでどこの国でも(日本(AU、DOCOMO、SOFTBSNK含む))問題なく使える。
sonyもしかりである。

海外旅行も視野に入れてSIMロックフリー端末を購入するなら、SONYかIPHONEがお勧めかな!?
ブランド力もあるし、使いやすいと思うので。

さらに言ってしまえば、SONYのほうが安いので、SONYかな!?

っと言うのが現在の私の考えである。





奥様に代わって旦那様がお送りしております。

今回の香港旅行はHISさんでお願いした。


格安ツアーで自由旅行!?


我が家の海外旅行計画はまず楽天トラベルでおおよその日程と値段を探る。



楽天トラベルは飛行機の時間にホテルをネットで選べ、リアルタイムで値段が出るので便利だ。
飛行機に関してLCCは出てこないが、子連れの我が家は朝発か昼発なのでそう問題がない。
ホテルは楽天と提携のホテルしか出てこないので選択肢は狭まるが、初めて訪れる場所であれば悪くはない。
時価なので調べる日によって値段が変わるのでこまめにアクセスする必要がある。

楽天にないホテルや、旅行途中でホテルを変えたりする場合はHISにお願いする。

HISはツアーのパターンが多いし、最初から最後まで同じ方が窓口に立ってくれるので細かい指定ができる。

今回は香港で観光、その後ディズニーランドという日程だったので楽天とは折り合いがつかなかったためである。

HISのツアーを好みのものに変更していただいて値段を出してもらった。

そしてエクスペディアでホテルの値段をチェックした。  

実際には、他の旅行会社にも電話している。その辺は人海戦術である。
各社値引き合戦を繰り広げているのでネットに出ている値段より安くしてくれる時があるのである。
とりあえず同じ旅程で見積もりを取り値段が折り合わなければ旅行会社の名前と値段を率直に伝えそれより安ければそちらにお願いする。

今回の日程ではエクスペディアの方がホテルは安かったので、HISのツアーで香港に2泊、エクスペディアでディズニーハリウッドホテルに1泊という日程になった。

楽天でチェック、HISで交渉、HISの基本ツアーから1泊分のホテルを引いてもらって、1泊はエクスペディアで予約。
これで格安ツアーの自由旅行完成である。


ディズニーハリウッドホテル

hkdl-hotel-disneys-hollywood-hotel-overview-hero-01
https://www.hongkongdisneyland.com/ja/hotels/disneys-hollywood-hotel/

香港のディズニーランドには公式ホテルが二つあります。
ディズニーランドホテルかハリウッドホテルである。

ディズニーランドホテルの方がパークに近くゴージャスな作りであるが、やはりそこは予算の関係上我が家では厳しい…。

そんなわけで今回はというかおそらく次回もハリウッドホテルにした。

香港ディズニーランドにはバスが10分置きくらいで出ているのでアクセスは問題ない。


エクスペディアはいい仕事をしてくれて最上階の真ん中付近の部屋であった。
ホテル中央部にプールもあり、軽食を取れるレストランにコンビニもあるので困ることはなかった。



肝心の部屋はこんな感じ。
いろんな場所にミッキーが隠れており子供は喜んでいました。
テレビもミッキーを永遠と流しており、24時間ミッキーに囲まれています。

シェフミッキー


なんといってもこちらはシェフミッキーがあり、日本では考えられない位のサービスを受けます。
ホテルにチェックインするとシェフミッキーの割引券が貰えるので、半強制的にこちらで食事をとることになります。

奥さんに代わって旦那様がお送りいたします。


201602 現在 我が家の通信料金

私は軽い病気なので携帯端末を常に3台持ち歩いている。
一つはガラケーで主に家族通話とお財布携帯用である。
もう一つはiphone6s plusでネット通信。
さらにもう一つはテザリング用、ポケットwifiがわりである。
詳細はこんな感じ。

ガラケー:N01-C奥さんのおさがり(docomo)
月1,725円
スマホ1:iphone6s plus 64G(soft bank)
月6,801円、通信量7GB
スマホ2:Xperia Z3 Compactグローバルモデル(DTI)
月0円(半年無料期間)、通信量3G
無料期間後
810円

計8,526円(通信量10GB)
iPhone6s plus 64Gが6,801円と破格なのは、MNPと下取り割引、通話プラン全てカット、リアルな病気があるからである。


さて私は病気なので3台もつのだが、健常者の方、我が家では奥さんにもガラケーとSIMロックフリーのiphone5sを持たせている。

ガラケー:N-01E(docomo)
月2,028円
スマホ:iphone5s(SIMロックフリー)(DTI)
月0円(半年無料期間)、通信量1G
無料期間後648円

計2,712円(通信量1GB)

っと言うことで、スマホを大手キャリアで契約すると8,000円以上はするので、絶対に2台持ちをお勧めする。
二年間使うことを考えれば5,000円×24=120,000円のスマホを買ってもおつりがくる計算である。


SIMロックフリーのスマホを買わなきゃいけない!?

SIMロックフリーの携帯、スマホを持っていなくても、格安SIMを選べばそのまま使えるのである。
DoCoMoのスマホならDoCoMo系の格安SIM、AUのスマホならAU系の格安SIMを購入すれば、SIMカードを差し替えるだけで使える。
もっともiPhone以外の大手キャリアのスマホは3,000円でSIMロック解除してくれるので現在iphone以外のスマホを使っている方は、格安SIMに変えるだけで通信費は激減させることができる。

現在docomoでスマホを契約している方ならすぐガラケーに変えて、格安SIMを契約するべきだ。
大概の格安SIMはNTT回線を使っているので、SIMロックフリーなんて考えなくても格安SIMに入れ替えれば、設定をちょっと変えるだけで使える。
さらに平成28年3月末までに決断すれば!
DTI SIM 半年間無料キャンペーン
事務手数料3,000円で半年タダで使える。解約手数料はなしである。
格安SIMを使うことにいまいち自信がなくてもとりあえず試すことが出来る。
半年過ぎても、1GB契約なら月648円である。


現在auのスマホを使っている人もガラケーに変えた方がいい!
au系ならSIMロックを解除しなくてもau系の格安SIMに入れ替えれば、設定をちょっと変えるだけで使える。


SOFT BANKのスマホを使っている人は…。
ちょっと注意が必要です。
SOFT BANK系の格安SIMは見当たらないので、お持ちのスマホがどの電波帯で使えるか、どの格安SIMで使えるか調べなければならない。SIMロック解除しても使えないかもしれません。

とりあえず、大手キャリアのスマホを使っている人はすぐショップに走り、SIMロックを解除してもしなくてもガラケーと2台持ちにした方がお得である。



さてここまで大手キャリアで契約しているのならと書いて来たが、

私はなぜ大手キャリアでiphone6s plusを購入したのか!?

細かい計算になりますが詳細を記します。

アップルストアでSIMロックフリーのiphone6s plus を購入し、7GBの格安SIM を2年間使った場合。
iphone 6s plus 64G
118,664円
格安SIM7G契約
月約2,500円×24=60,000円

計178,664円


SBでiphone6s plus を購入し、2年間使った場合。(契約半年後にはSIMロックは解除できる。)
6,801円×24=171,750円
事務手数料(契約、解約)が3,000×2=6,000円

計177,750ー(キャッシュバック)円


っといった内訳である。
ざっくり考えても2年間iPhone を7Gで使うなら大手キャリアの方がお得かな!?

つまり絶対最新機種を使いたくて、MNPで乗り換えする人で、通信量が1Gじゃ絶対足りない人には大手キャリアも有効かな!?っと思っている。

もっとも総務省の指導がありキャッシュバックや割引はこれからどうなるか分からないので、平成28年4月以降はまた考え直さなければならないと思う。

通信費を安くしたい。格安SIMを試してみたい。って方には絶対にお勧めのキャンペーンである。

ただし!!格安SIMはあくまでも大手キャリアの通信網を借りて安く配布しているので通信回線の安定感や速度は大手キャリアとは比較にならないことは考えなければならない。
うちの奥さんは「たまに動かなくなる。」とか言っているので、時間帯にもよると思うが、不安定な時があるらしい。
突き放すようだが、やはり自分の使い方と経済力を考えてSIMは選ぶ時代なのかもしれない。




↑このページのトップヘ