今日はどこ行くの?

落ち着きのない旦那様と4歳児の娘を持つ妊婦のお出かけ日記です。

カテゴリ: 香港

奥様に代わって旦那様がお送りしております。

今回の香港旅行はHISさんでお願いした。


格安ツアーで自由旅行!?


我が家の海外旅行計画はまず楽天トラベルでおおよその日程と値段を探る。



楽天トラベルは飛行機の時間にホテルをネットで選べ、リアルタイムで値段が出るので便利だ。
飛行機に関してLCCは出てこないが、子連れの我が家は朝発か昼発なのでそう問題がない。
ホテルは楽天と提携のホテルしか出てこないので選択肢は狭まるが、初めて訪れる場所であれば悪くはない。
時価なので調べる日によって値段が変わるのでこまめにアクセスする必要がある。

楽天にないホテルや、旅行途中でホテルを変えたりする場合はHISにお願いする。

HISはツアーのパターンが多いし、最初から最後まで同じ方が窓口に立ってくれるので細かい指定ができる。

今回は香港で観光、その後ディズニーランドという日程だったので楽天とは折り合いがつかなかったためである。

HISのツアーを好みのものに変更していただいて値段を出してもらった。

そしてエクスペディアでホテルの値段をチェックした。  

実際には、他の旅行会社にも電話している。その辺は人海戦術である。
各社値引き合戦を繰り広げているのでネットに出ている値段より安くしてくれる時があるのである。
とりあえず同じ旅程で見積もりを取り値段が折り合わなければ旅行会社の名前と値段を率直に伝えそれより安ければそちらにお願いする。

今回の日程ではエクスペディアの方がホテルは安かったので、HISのツアーで香港に2泊、エクスペディアでディズニーハリウッドホテルに1泊という日程になった。

楽天でチェック、HISで交渉、HISの基本ツアーから1泊分のホテルを引いてもらって、1泊はエクスペディアで予約。
これで格安ツアーの自由旅行完成である。


ディズニーハリウッドホテル

hkdl-hotel-disneys-hollywood-hotel-overview-hero-01
https://www.hongkongdisneyland.com/ja/hotels/disneys-hollywood-hotel/

香港のディズニーランドには公式ホテルが二つあります。
ディズニーランドホテルかハリウッドホテルである。

ディズニーランドホテルの方がパークに近くゴージャスな作りであるが、やはりそこは予算の関係上我が家では厳しい…。

そんなわけで今回はというかおそらく次回もハリウッドホテルにした。

香港ディズニーランドにはバスが10分置きくらいで出ているのでアクセスは問題ない。


エクスペディアはいい仕事をしてくれて最上階の真ん中付近の部屋であった。
ホテル中央部にプールもあり、軽食を取れるレストランにコンビニもあるので困ることはなかった。



肝心の部屋はこんな感じ。
いろんな場所にミッキーが隠れており子供は喜んでいました。
テレビもミッキーを永遠と流しており、24時間ミッキーに囲まれています。

シェフミッキー


なんといってもこちらはシェフミッキーがあり、日本では考えられない位のサービスを受けます。
ホテルにチェックインするとシェフミッキーの割引券が貰えるので、半強制的にこちらで食事をとることになります。

子連れの香港旅行といったら、やっぱりディズニーランド!!
我が家もディズニーランドに行ってきました。
https://www.hongkongdisneyland.com/ja/

パークチケットはアベニューオブスターで購入しました。


日本の感覚で開園1時間前に行ったら、まさかのゲート一番乗り。
日本では考えられないですね。

開園時間前にミッキー& ミニーがオープンカーで現れみなさんにご挨拶。
挨拶が終わると二人仲良くオープンカーで去って行きますが!


 



 
グリーティングしてくれます。

香港ディズニーランドはグリーティング天国。




あちらこちらにキャラクターがいます。





 
インサイドヘッドは時間によってキャラクターが変わります。

アナとエルサの揃い踏み。
アナとエルサは香港でも人気があるらしく整理券を配っていました。






  期間限定のアナとエルサのフローズンファンタジー。
日本以上にファストパスを取るのは力ずくです。
流石世界の経済都市香港は弱肉強食でした。
ファストパスに整理券をゲットした旦那様は「俺は香港でも生きていける。」と言っていました。




  ライオンキングのショーもファストパス。
席は自由なのでこちらも弱肉強食でした。
フロートも大きくかなり見応えがあるものでした。






  お食事はプラザインで中華。
https://www.hongkongdisneyland.com/ja/dining/hong-kong-disneyland-park/plaza-inn/ 

20分くらい待ちテーブルへ案内されました。




  コース料理なのかな!?




  結構本格的な中華料理を堪能しました。




  鶏肉のバーベキューソース!?




  野菜炒めにもミッキーが登場。




  飲茶もあります。




  ミッキーの中華まんは日本にもありそうですね。




  飲茶のワゴンは見かけなかったのですが、伝票はあったので飲茶も楽しめるのかもしれませんね。

香港のディズニーランドはグリーティング天国。子連れでディズニーランドに行くには最高です。
敷地面積は日本より小さいみたいですが、日本にはないアトラクションもあり、何と言っても待ち時間は日本に比べたらないようなものなので1日でも十分楽しめます。


我が家は鼎泰豐好き。
台湾の本店を訪れた以来、鼎泰豐を見るとつい寄ってしまいます。

台湾で小龍包@鼎泰豐本店


日本にも何店舗もあります。

鼎泰豐
http://d.rt-c.co.jp/

香港と言ったら100万ドルの夜景。
そしてシンフォニー・オブ・ライツ。
毎日午後8時からやっています。

大人同士ならシンフォニーオブライツを見てから食事でもいいんですが、我が家は子連れ観光。
8時過ぎに食事をして、ホテルに帰って寝るのはちょっときついので、お食事を済ませてからショーを見に行くことにしました。

シンフォニーオブライツ開場に近くて、いいレストランはないかしら?googole検索すると、ミラマショッピングセンターの4Fに鼎泰豐があるとのことで伺いました。

香港政府観光局
http://www.discoverhongkong.com/jp/see-do/highlight-attractions/harbour-view/a-symphony-of-lights.jsp


ミラマショッピングセンター はフードコートもレストランもあるので子連れの頼もしい味方です。



フードコートも他のレストランも凄く混んでいるんですが、鼎泰豐はものすごく混んでいました。
人数によって待ち時間が違うらしく、人数を伝えて番号のレシートを貰います。




待っている間に注文を考えるのも台湾と同じスタイルですね。



写真入りなので指さしで注文できるのも安心です。




かなり広い店内は満席です。
いろいろな大きさのテーブルがあるので、待つときに何名かつたえるんですね。

清潔感もあり、子供も安心して食べられます。


きれいにセッティングされたテーブル。
千切りのショウガがあると小籠包を食べに来た感じになりますね。


DSC_4667_1

旦那様はビール。私と子供はジャスミン茶。




台湾の本店でも、大阪でも同じだった小籠包の美味しい食べ方の説明書。
世界各国同じなのかしら。

 
テーブルの上にある調味料も同じだった気がします。
黒酢があったかどうかは忘れてしまいました。

前菜にクラゲの酢のものといんげんの合えたもの。


旦那様が香港ではまっていた青菜の湯通し?油炒め?
こちらのお店は味付けがマイルドだったので醤油をちょっとかけていただきました。



そしてお待ちかねの小籠包。
台湾だと店によってひだの数が違うそうです。
日本の餃子職人と同じですね。
香港はどうなのかしら。



 
娘さんはお決まりのチャーハン。
やっぱりご飯をたくさん食べてくれると安心です。
アジア圏の旅行はお米があるから子連れの食事は心配ありませんね。



シンフォニーオブライツはさすが世界の観光都市香港でした。
まるで香港島全てが1つのテーマパークのようでした。
人気のショーなので子連れでも見られるかな!?と思ったんですが、海岸最前列で見ることができました。


 

奥様に代わって旦那様がお送りいたします。



香港の一大名所ビクトリアハーバー。
スターフェリーは、中環と、尖沙咀を結んでいます。
我が家は中環を観光しスターフェリーで尖沙咀に向かいました。
混んでいるかな!?なんて思っていたのも取り越し苦労で、席さえ選ばなければ問題なく乗れそうでした。



タクシーや電車でも移動できますが、ビクトリアハーバーをフェリーで渡るってのが観光気分を高めます。




スターフェリーを降りるとすぐにアベニュー・オブ・スターズ。ブルースリーがお出迎えです。

注:アベニュー・オブ・スターズは2018年末まで閉鎖されてるようです。
香港政府観光局




40代の男の子にとっては堪らないものがあります。
30代の奥さんは全くわからないようですが...。



40代の男の子にとっては堪らないものがあります。
だってアンディーラウですよ!インファナルアフェアですよ!!


ジョンウーですよ!男たちの挽歌ですよ!!






ユンピョウですよ!




サモハンキンポーですよ!
デブゴンですよ!!



マイケルほいですよ!ミスターBOOですよ!!

もう小学生の時に香港映画で育った私には堪らない!!



気を取り直して今回の本題。
麥文記麺家である。

香港ナビ
http://www.hongkongnavi.com/food/430/



全く読めません…。



日本語メニュー発見!




さらに写真入り。






 



指さしでこちらを注文。
ワンタン麺ですね。すっきりとしたスープで麺がやたらと旨い!
ネットで検索すると手打ちらしいですね。
正直ワンタンは要らないくらいでした。




素をお願いしました。やっぱり日本人は素材の味で十分ですね。
流石香港。安くて美味しいものもあります。




DSC_4634_1

青菜の炒め!?茹で!?なんだが、今回の香港旅行でやたらと出てきて、歯触りと風味がかなり気に入ったもの。




 

近くのスーパーでの一枚。噂では聞いていましたが、出前一丁のバリエーションが豊富。


日本みたいで、日本とちょっと違うラインナップ。



 
吉野家さんはワールドワイドで頑張っております。




独自メニューですね。

世界でも有数な観光都市、香港は交通網がしっかりしていて、電車にバスにフェリーに色々な乗り物を使って観光ができます。

2016-02-15-21-38-59
我が家も観光を楽しんでいます。
日本より南にあるので8月の後半に香港を歩くのは蒸し暑くて大変でしたが、気候も湿度もそう日本と変わらないかな!?と言うのが我が家の感想です。

文武廊。
学問の神様らしいので、娘の学業祈願に参りました。




2015-08-29-10-42-29
ガイドブックにお馴染の場所ですね。
やっぱりお寺とか教会って異文化に触れた気がして、観光にはよいですね。





DSC_4540
文武廊の近くの泥棒市場。
キャットストリートというらしいです。
近くは骨董品がたくさん売っています。




DSC_4542
こちらは普通の露店。
みんな輸入品らしいです。




DSC_4543
お魚も輸入品なのかしら?
旦那様曰く、日本でも見る魚が多いそうです。




DSC_4594_1
そして香港旅行第二の目的飲茶に来ました。
旦那様曰く、由緒正しき飲茶らしいです。


蓮香楼
Lin Heung Lau

香港ナビ
http://www.hongkongnavi.com/food/15/


IMG_2557
ワゴン意外にも料理はたくさんあるそうです。




DSC_4554_1
地元の方でにぎわっています。
場所取りはイオンのフードコートと変わりませんね。




DSC_4565_1
お昼時だったためか、ワゴンがくると人が群がります。
バーゲンセール見たいですね。
飲茶を取って、伝票を渡すと判子を押してくれます。




DSC_4555_1 
席に確保したらお茶の種類を選びます。
言葉が分からなそうだと店員さんが適当なものを出してくれるので、そんなに心配いりません。
ローカルの人と相席ですが、香港は結構親日なのか、子連れのためかみんな優しくしてくれます。

お茶とお茶椀とお椀と伝票が一緒に出てきて、ワゴンを待ちます。




DSC_4556_1
旦那様曰く、お茶で箸やお椀を洗うのがお作法らしいです。
今はそうでもないらしいのですが、昔は衛生状態がよくなかったので、出てきた食器をお茶で洗い流して使ったそうです。
私は洗い流すことをお勧めします。





DSC_4570_1 
鶏の手。
スープは薄味で美味しいのですが、ちょっとねぇ。
旦那様は動物園の味がするとコメントしていました。

私もワゴン争奪戦に参加します。
タイミングが合わないとなかなか好きなものが取れません。






DSC_4573_1 
ちまきは笹からはがして醤油!?をつけて渡してくれます。




DSC_4578_1
いろいろ食べましたが、やっぱり安心するのは見たことがある料理ですね。





DSC_4586_1
きのこ?何かの内臓?
味付けも歯触りもいいのですが、何を食べてるか分からないので落ち着きません。





DSC_4560_1
蒸しパン?





DSC_4589_1
最後にたぶん人気メニューの中華カステラ。
娘さんも喜んで食べました。



2016-02-15-21-39-31
相席していただいた香港人のおじいちゃんにお茶を注いでもらって、熱いお茶をたくさん飲みました。
広東語を勉強していけばもっと楽しい会食になったのになと反省する飲茶でした。


 

↑このページのトップヘ