今日はどこ行くの?

落ち着きのない旦那様と4歳児の娘を持つ妊婦のお出かけ日記です。

落ち着きのない旦那様と4歳児の娘を持つ妊婦のお出かけ日記です。

奥さんに変わって旦那様がお送りしております。

NTT docomoユーザー、SIMロックフリーユーザーは注目。
DTI SIM 半年間無料キャンペーン
初期費用3,000円で、NTT回線、データ通信3G半年無料。音声+3Gでも2か月無料。解約手数料なし。
格安SIMを試したいと思っている方にも是非お勧めです。
NTT回線を使っているので、NTTdocomoユーザーであればSIMを差し替えるだけで格安SIMを試すことができます。


さて本題、グアムにはキャリアが4つのキャリアがある。


グアムの通信キャリア


DOCOMO PACIFIC
IT&E
GTA
iCONECT
である。
私はDOCOMOとIT&Eを使ったことがあるが、3G回線ならDOCOMO、4G回線ならIT&Eって感じである。
グアム全土を網羅しているのはDOCOMOかな!?とも思う。

DOCOMO PACIFICはNTT DOCOMOの子会社なので、なんとなく安心して使えるため、初めてグアムを訪れたとき購入した。


docomo Pacificでsim購入


ドコモパシフィックの店舗はグアムに7店舗あるそうである。
http://www.docomopacific.com/store-locations

Mangilao Location(グアム東部?)
Monday – Saturday: 9:00AM to 7:00PM
Sunday: Closed

Agat Point Complex(西部の米軍近く)
Monday - Friday: 11:00am - 7:00pm

Andersen Exchange(北部の米軍基地内?)
Monday - Sunday: 10:00AM – 7:00PM

Agana Shopping Center(ハガニアショッピングセンター内)
Monday - Saturday: 10:00AM - 8:00PM
Sunday: 10:00AM - 6:00PM

Tamuning Location(K-martから歩けるかな?)
Monday – Friday: 8:00am to 6:00pm
Saturday and Sunday: Closed

Guam Premier Outlets Location(GPO、グアムプレミアムアウトレット内)
Monday - Sunday: 10:00 AM - 9:00 PM

Micronesia Mall(マイクロネシア・モール2F)
Monday - Sunday: 10:00 AM - 9:00 PM

観光客としてはアクセスがよく、遅くまでやっているマイクロネシアモールかGPOに入っている店舗が使いやすいと思う。
マイクロネシアモールとハガニアショッピングセンターは店舗だが、GPOはカウンターなのでいまいち落ち着かない。観光客対応に慣れているので、私はほぼマイクロネシアモールで購入している。

料金は通話、SMS、データ無制限で1日3ドル、3日8ドル、5日13ドル。データ無制限のみであれば
1日2ドル、3日5.5ドル、5日9ドルだ。
http://www.docomopacific.com/mobile/prepaid/plans

このほかにSIMカード代金10ドルが必要になる。

カウンターに携帯とクレジットカードをニコッと笑って出し、私の流暢な英語で「ファイブデイ」と日数だけ言えば、設定までやってくれる。
一応毎回パスポートは持って行っているが、身分証明書を求められたことはない。

私はIPHONEに下駄をはかせてお願いしたことがある。店員さんが下駄をはかせられず、電波がつかめなかったので、「この携帯は使えません」と言われたので、確認用のSIMを借りてアンテナピクトが立っていることを店員さんに確認してもらい、さらに購入したSIMカードを自ら入れアンテナピクトを確かめ、設定だけ店員さんにやってもらったことがある。
グアムでSIM



docomo Pacificの使用感



携帯電話としての使用感は、グアム全土で使える快適なものだった。グアム最北部のリティディアンビーチでもレストランの予約が取れるくらいだった。レンタカー等でグアム全土を走りまわる方にはかなりオススメである。スマホをナビがわりにするにも、緊急時の連絡にも、なくてはならないものになる。
っが、タブレット(もっとも3G回線のタブレットだから何とも言えないが)は全然使えませんでした。
店員さんに「ビックプロブレム」っと言われ確認したところ、使えない代物だったのでIPHONEのみSIMを購入したことがある。

テザリングも全く問題なく使えるが、タブレットクラスの画面の大きさだと「ビックプロブレム」になる。

DTI SIM 半年間無料キャンペーン

我が家は鼎泰豐好き。
台湾の本店を訪れた以来、鼎泰豐を見るとつい寄ってしまいます。

台湾で小龍包@鼎泰豐本店


日本にも何店舗もあります。

鼎泰豐
http://d.rt-c.co.jp/

香港と言ったら100万ドルの夜景。
そしてシンフォニー・オブ・ライツ。
毎日午後8時からやっています。

大人同士ならシンフォニーオブライツを見てから食事でもいいんですが、我が家は子連れ観光。
8時過ぎに食事をして、ホテルに帰って寝るのはちょっときついので、お食事を済ませてからショーを見に行くことにしました。

シンフォニーオブライツ開場に近くて、いいレストランはないかしら?googole検索すると、ミラマショッピングセンターの4Fに鼎泰豐があるとのことで伺いました。

香港政府観光局
http://www.discoverhongkong.com/jp/see-do/highlight-attractions/harbour-view/a-symphony-of-lights.jsp


ミラマショッピングセンター はフードコートもレストランもあるので子連れの頼もしい味方です。



フードコートも他のレストランも凄く混んでいるんですが、鼎泰豐はものすごく混んでいました。
人数によって待ち時間が違うらしく、人数を伝えて番号のレシートを貰います。




待っている間に注文を考えるのも台湾と同じスタイルですね。



写真入りなので指さしで注文できるのも安心です。




かなり広い店内は満席です。
いろいろな大きさのテーブルがあるので、待つときに何名かつたえるんですね。

清潔感もあり、子供も安心して食べられます。


きれいにセッティングされたテーブル。
千切りのショウガがあると小籠包を食べに来た感じになりますね。


DSC_4667_1

旦那様はビール。私と子供はジャスミン茶。




台湾の本店でも、大阪でも同じだった小籠包の美味しい食べ方の説明書。
世界各国同じなのかしら。

 
テーブルの上にある調味料も同じだった気がします。
黒酢があったかどうかは忘れてしまいました。

前菜にクラゲの酢のものといんげんの合えたもの。


旦那様が香港ではまっていた青菜の湯通し?油炒め?
こちらのお店は味付けがマイルドだったので醤油をちょっとかけていただきました。



そしてお待ちかねの小籠包。
台湾だと店によってひだの数が違うそうです。
日本の餃子職人と同じですね。
香港はどうなのかしら。



 
娘さんはお決まりのチャーハン。
やっぱりご飯をたくさん食べてくれると安心です。
アジア圏の旅行はお米があるから子連れの食事は心配ありませんね。



シンフォニーオブライツはさすが世界の観光都市香港でした。
まるで香港島全てが1つのテーマパークのようでした。
人気のショーなので子連れでも見られるかな!?と思ったんですが、海岸最前列で見ることができました。


 

奥様に代わって旦那様がお送りいたします。



香港の一大名所ビクトリアハーバー。
スターフェリーは、中環と、尖沙咀を結んでいます。
我が家は中環を観光しスターフェリーで尖沙咀に向かいました。
混んでいるかな!?なんて思っていたのも取り越し苦労で、席さえ選ばなければ問題なく乗れそうでした。



タクシーや電車でも移動できますが、ビクトリアハーバーをフェリーで渡るってのが観光気分を高めます。




スターフェリーを降りるとすぐにアベニュー・オブ・スターズ。ブルースリーがお出迎えです。

注:アベニュー・オブ・スターズは2018年末まで閉鎖されてるようです。
香港政府観光局




40代の男の子にとっては堪らないものがあります。
30代の奥さんは全くわからないようですが...。



40代の男の子にとっては堪らないものがあります。
だってアンディーラウですよ!インファナルアフェアですよ!!


ジョンウーですよ!男たちの挽歌ですよ!!






ユンピョウですよ!




サモハンキンポーですよ!
デブゴンですよ!!



マイケルほいですよ!ミスターBOOですよ!!

もう小学生の時に香港映画で育った私には堪らない!!



気を取り直して今回の本題。
麥文記麺家である。

香港ナビ
http://www.hongkongnavi.com/food/430/



全く読めません…。



日本語メニュー発見!




さらに写真入り。






 



指さしでこちらを注文。
ワンタン麺ですね。すっきりとしたスープで麺がやたらと旨い!
ネットで検索すると手打ちらしいですね。
正直ワンタンは要らないくらいでした。




素をお願いしました。やっぱり日本人は素材の味で十分ですね。
流石香港。安くて美味しいものもあります。




DSC_4634_1

青菜の炒め!?茹で!?なんだが、今回の香港旅行でやたらと出てきて、歯触りと風味がかなり気に入ったもの。




 

近くのスーパーでの一枚。噂では聞いていましたが、出前一丁のバリエーションが豊富。


日本みたいで、日本とちょっと違うラインナップ。



 
吉野家さんはワールドワイドで頑張っております。




独自メニューですね。

↑このページのトップヘ